生命保険・医療保険比較見積りをして保険料を安くしたい方のためのサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生命保険は家の次に高い買い物といわれていますが、
家を買うときほどしっかりと検討せずに加入している場合
が多いのではないでしょうか。
生命保険・医療保険で損をしない為には以下のことを
しっかりと確認しておくといいでしょう。

1.必要な保障を確認する。
2.必要保障額を確認する
3.保障が必要な期間を確認する。
4.生活に支障のない保険料で設計する。
スポンサーサイト
どんな保障が欲しいのかをしっかりと把握するようにします。一般的には
・収入の保障
・病気やけがのときの治療費や収入減の保障。
・死亡時に一時的に必要なお金。(葬式代など)

が生命保険・医療保険の加入の目的となります。
その他にも介護保障や年金といったものもあります。
こういったものをあげていって優先順位をつけて保険料と相談して
設計するとよいでしょう。
一家の主が事故でお亡くなりになった場合に残された家族が
どれぐらいの生活費があれば困らないのかを確認します。
これがわかっていないと保険に加入していても安心感が得られません。
現在の月々の生活費を算出してその7割ぐらいがめやすとなります。
そこから遺族年金額を引いたものがおおまかな必要保障額となります。
例えば、生活費の保障の場合には「子供が独立するまでは必要だ」
とか医療保障は現在は長生きリスクが心配だから一生涯ほしいなど
どの保障がどのくらいの期間必要なのかを確認します。無駄をなくす
ためにとても重要な作業です。
保険は基本的には事故にあわなければお金がもらえません。あくまでも
万が一に備えるための商品です。加入する際には得てしてもらえる気に
なりますが、基本的には万が一に備えるためのコストと考えたほうがいい
でしょう。ですので、基本的には最低必要なものを生活に支障のない
保険料で設計したほうが効率的です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。